アルジュナ,通販,市販,効果,副作用,心臓

心臓に負担をかける悪い習慣

心臓に負担をかける悪い習慣

厚生労働省の発表では、平成25年に心臓疾患で亡くなった人の数は約20万人。日本では、がんについで死因第2位です。

 

若年層にも心臓疾患で亡くなる方が増えています。まずは、普段の習慣から心臓へ気付かない間に負担をかけていないか、チェックしてみましょう。

 

アルジュナ,通販,市販,効果,副作用,心臓

 

運動不足

デスクワークなど、体を一日中動かさない状態では、運動不足になってしまいます。

 

心拍数が上昇しないので、自然に心肺機能も体には必要ないと衰えてきてしまいます。また、動かないということはカロリー消費も低下して太りやすくなり、結果的に心臓へ負担をかけてしまっている場合が多くあります。

 

健康的な心臓を保つには、適度な運動を心がけることが大切です。目安としては、1日に1万歩歩くことで、45分軽い運動を行っているのと同じ効果があります。少しでも歩くことを意識して、運動不足を解消し、適度な運動を心がけましょう。

 

突然の激しい運動

運動不足が心臓に悪いと言って、急激な運動をしてしまうとかえって心臓へ大きな負担をかけてしまうので注意が必要です。かならず、運動を始める前には準備運動をして体を徐々にならしながら体を動かしましょう。

 

急な運動で心臓へ負担をかけると、心臓麻痺などの死に関わる症状を引き起こすリスクが高まりますので、ご注意下さい。

 

バランスの悪い食生活

食事の食べ過ぎは、心臓へ負担をかけます。また、スナック菓子や味の濃いもの等を好んで食べる方は注意が必要で、塩分を取りすぎると血圧の上昇などにも繋がり、心臓へ大きな負担をかけてしまいます。

 

また、脂っこい食事を好む方は、動脈硬化に繋がりやすく、結果的に心疾患を患う確率が高くなります。

 

ナッツ類はコレステロール値を下げて心疾患のリスクを抑える単価不飽和脂肪酸を含んでいる為、血糖値が上がりにくく心臓への負担を減らしやすくします。

 

また、牛乳をよく飲む人の方が、冠動脈性疾患などの死亡リスクが約2割低下すると言われておりますが、乳製品に含まれている飽和脂肪酸を多数取りすぎると、動脈硬化を起こしやすくなってしまうので、注意が必要です。

 

また、かたよった食生活ばかりしていると、心臓に負担をかけてしまいます。心臓病のリスクを下げるカリウムは、「海草」「野菜」「果物」「糖類」などに多く含まれている為、野菜や果物、豆類などカリウムを多く含んでいる食材を積極的に食べることをオススメ致します。

 

カリウムは、ナトリウムの排出促進効果があり、高血圧や不整脈などのリスクをさげてくれます。

 

また、オリーブオイルなどの植物系オイルは心臓に良いと言われていますが、取りすぎてしまっては心臓に良くありません。なんでもそうですが、適量でバランスの良い食生活を心がけましょう。

 

タバコ(喫煙)

タバコを吸うことで心肺機能の低下を招きますが、心臓疾患のリスクも上昇します。また、心臓だけではなく、全身に様々な悪影響をもらたすので、健康を考えるのであれば、禁煙をオススメ致します。

 

また、同じタバコでも最近発売されたICOS(アイコス)は、従来のタバコに比べて有害物質を約90%以上カットするので、健康を気にしてICOS(アイコス)へ切り替えられている方も、大勢います。

 

お酒(アルコール)

適量のお酒であれば体に良いですが、節度を超えたお酒を飲むと体に良くありません。

 

アルコールは血管を拡張させる事で、心拍数の上昇につながります。急激に大量のアルコールを摂取すると、心臓への負担は大きくなります。節度を持ったお酒の飲み方にしましょう。

 

ストレス

ストレスを感じると、血管を収縮させるので、血圧が上昇し心臓へ負担が増します。ストレスが溜まると、体を動かしたくなくなったりする事で、運動不足へと繋がりやすくなり、食べ過ぎへと繋がりやすくなります。

 

また、長期休暇などを取る事で、リラックスして今まで溜まっているストレスを発散することはとても良いでしょう。実際に、女性を対象として行われた調査では、休暇の頻度が6年に1度と年2回の方では、休暇を取らない人のほうが50%~100%も心臓発作のリスクが高い事が判明しています。

 

長期休暇をとり、旅行などでリラックスして楽しむことで、ストレスが解消され心臓にも良い影響を与える事が出来るのです。

 

ストレスは、万病の元とも言われていますので、ストレスを溜めない生活や発散しやすい環境を整える事が大切です。

 

ひとと接していない

人付き合いが嫌いや、社会との関わりが嫌いと一人でいる場合が多い方は、気分が落ち込みやすく心臓へ悪影響を与えやすいと言われています。

 

また、部屋に篭りがちで日光を浴びていない方は、日光を浴びることで作られるビタミンDが体内で不足してしまいます。

 

ビタミンDが体内から不足してしまうと、心臓病になるリスクが上がり、寿命が短くなる可能性が高いことがわかっています。

 

紫外線などによる影響もありますが、陽の光を体で浴びることで、お金もかからず健康を保つことが出来る方法のひとつなのです。

 

睡眠不足・いびきをかく

アメリカで45歳~65歳の看護師約7万人を対象に10年の追跡調査をした所、睡眠時間を8時間以上取っていた方と、5時間以下の方を比べてみると、心臓や冠動脈疾患などを起こしている割合いが、睡眠不足の方のほうが1.45倍多かったそうです。

 

睡眠時間は、6時間~8時間が理想的と言われており、睡眠不足を防ぐことで心血管疾患の予防につながります。

 

また、、いびきが悪いというよりは体から出ているサインの1つです。いびきをかく人に動脈硬化が進んでいる方が多いと言われており、心臓に負担がかかりやすいと言われています。

 

虫歯や歯周病を持っている

虫歯や歯周病と心臓?と思われる方も多いと思いますが、以外に心臓疾患へ繋がるリスクがあるのです。まず、虫歯菌が血液中に流出すると血液が固まりやすくなり、動脈硬化や血圧の上昇を招きます。

 

また、歯周病菌が持っている毒素には心疾患へと繋がるリスクが高まる事がわかってきています。歯周病菌は、冠状動脈内の脂肪の蓄積物に付着することで、動脈内血餅を作ってしまうリスクが上がります。

 

動脈内血餅が剥がれて血管内を移動するっと、心臓や脳の血管で詰まってしまい、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となりやすくなってしまいます。歯のお手入れもとても大切なことなのです。

 

定期健診を受けない

心臓病は突然やってきます。前兆のような様々なサインを出してくれる事もありますが、発作が起こってしまった時には既に事は重大です。

 

普段から定期検診を行うことで、未然に防ぐ事が出来るのです。健康体だから検査なんていらないではなく、健康を維持する為にも定期的に検査を受けて確認しましょう。

 

アルジュナTOPへ