アルジュナ,通販,市販,効果,副作用,心臓

心臓に負担のかかる動脈硬化

心臓に負担のかかる動脈硬化とは?

 

心臓に負担がかかる動脈硬化とは、一体どんな状態でしょうか。心臓から送られる血液は血管を通って全身へと運ばれるので、切っても切り離せない関係です。

 

動脈硬化は中年以降に発生する病気だと思っている方が大半ですが、生まれたときから常に血管は変化しており、若くても生活環境によって症状が進行しているケースも有ります。

 

動脈硬化を引き起こす生活を続けていると、30代でも立派な動脈硬化の血管に仕上がってしまいます。

 

一生使用していかなければならない血管ですから、食生活や運動などに気を付けて動脈硬化を予防し進行を食い止める必要があります。

 

心筋梗塞や狭心症が増えた原因には、欧米化した食生活によって動脈硬化が進行した事が大きな原因となっています。

 

血管の構造と仕組み

血管は、心臓から送られてきた血液を全身へ運ぶ管の役割を担っています。血液に栄養素を全身へと届け、老廃物を回収してくるのです。

 

血管は、「内膜」「中膜」「外膜」という3層構造で出来ています。血液と接している一番内側の膜が内膜です。この3層なかでも動脈硬化と深い関係があるのが内膜です。

 

内膜の外側を覆うのが中膜で、平滑筋細胞で出来た層があり、血管が破れないように弾力性を持たせている層です。血液が送られる際にかかる圧力(血圧)に耐えられるようにするためですね。

 

一番外側を囲んでいるのが外膜で、血管の外から細い血管を通って栄養などが運び込まれます。

 

動脈硬化とは?

動脈硬化とは病名ではなく、動脈の壁が硬くなったり変化して本来の働きを出来なくなってしまった状態を総称して言います。一般的に動脈硬化というと、「粥状動脈硬化」の事をいいます。

 

動脈の中でも、冠状動脈、大動脈、脳・頚部・腎臓・内臓・手・足の血管に、動脈硬化が起こりやすくなります。

 

内膜の中にお粥のようなドロドロとしたコレステロールが次第に溜まっていきます。コレステロールが溜まった状態に更に脂肪分が重なり増えていく事で、血液の流れるスペースがどんどん狭くなって行くのです。

 

そうなると、血栓や潰瘍を作る原因となり、心筋梗塞や、狭心症などの虚血性心疾患や、脳梗塞、大動脈瘤、手足の壊死など様々な病気のリスクが跳ね上がります。

 

また、心臓への負担も増しますので健康的な心臓を維持するには、動脈硬化の予防が必要です。

 

動脈硬化の進行

動脈硬化の恐ろしい所は、症状がなく気付かない間に進行することです。

 

加齢と共に、血管内膜の内部にコレステロールが溜まり、「脂肪斑」と呼ばれる状態となったあと、次第に大きくなり血管内部へ盛り上がるため、血液が流れるスペースが狭くなってしまいます。

 

盛り上がった血管内膜と血流の間に負荷がかかり、内膜を覆っている細胞が壊れ始めます。

 

内皮細胞が壊れると、血栓が出来やすくなり血栓が血管内を移動し、細い血管を通れなくなり詰まってしまうと、心臓の血管であれば心筋梗塞、脳の血管であれば脳梗塞などの発作を起こしてしまいます。ですから、症状が現れる所までほっておいては、時すでに遅いのです。

 

動脈硬化が起こる前の健康な血管の場合、内膜の表面を覆っている内皮細胞が血液を固まるのを防いだり、血液が内皮細胞にくっついたりしないよう、スムーズに血液が流れる働きをし、血液中から必要な栄養分を取り込んでいます。

 

心臓や血管に悪影響を及ぼす病気や感染症など、様々な原因が刺激となり内皮細胞が傷つけられると、白血球が内皮細胞にくっつきます。くっついった白血球が内皮細胞間から潜り込んで、マクロファージと呼ばれる状態へと変化します。

 

マクロファージに変化した箇所へ、血中コレステロール値が高い状態が続くと、マクロファージに脂肪物質が吸収されどんどん蓄積していくのです。結果、内膜が分厚くなりマクロファージはおかゆ状に変化します。

 

おかゆ状に変化した状態を「粥腫」と呼び、様々なタイプがあります。

 

この粥腫が大きくなるにつれて、血液の通るスペースは最初の半分以下にもなったりします。それは、従来の半分の血液量しか流れることが出来ないのですから、心臓へも負担がかかるわけです。

 

この粥腫が破裂したりする事で、血小板が集まってきて血液が固まり、血栓が出来てしまいます。これが各所で詰まることで大変な自体を引き起こすのです。

 

心臓の冠状動脈が詰まってしまうと、心臓を動かしている筋肉に酸素が供給されなくなってしまうため、心筋細胞が壊死してしまいます。

 

それでは、気づかない間に心臓へ負担をかける動脈硬化を防ぐにはどうすればよいでしょうか。

 

動脈硬化の危険因子

まず、動脈硬化を招く危険因子は様々なものがありますが、その中でも特に危険なのが「高血圧」「高脂血症」「喫煙」の3大危険因子と呼ばれるものです。

 

そこへ、「肥満」「糖尿病」の2つを加えて5大危険因子となります。

 

心臓病と危険因子の関係を解き明かす為に調査が行われました。危険因子がかさなるにつれて、心筋梗塞や狭心症などの心臓事故の頻度が高まります。

 

欧米では、沈黙の殺し屋という意味のサイレントキラーと呼ばれている症状が高血圧です。いつの間にかに音も出さずに近寄られ、心筋梗塞や狭心症などを突然発症させて死亡するケースからこう呼ばれています。

 

高血圧自体が、動脈硬化を促進してしまいます。塩分を取りすぎたり肥満が原因となり高血圧になりやすく、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まります。

 

タバコを1日20本以上喫煙している方は、虚血性心疾患を発症する確率が約5割~6割も高くなります。タバコは、心臓疾患以外でも、脳梗塞や閉塞性動脈硬化症と肺や消化器まで影響を及ぼす危険因子です。

 

また、喫煙はこれだけではなく、更に様々な悪影響を及ぼします。

 

喫煙は、善玉コレステロール値を低下させ悪玉コレステロール値を上昇させてしまいます。また、ニコチンが血管を収縮させる作用を持ち、喫煙で血液が固まりやすくなるので、動脈硬化の原因になります。

 

肥満は万病の元と言われている通り、高脂血症・高血圧・糖尿病など、様々な病気の危険因子になり合併しやすいので、注意が必要です。

 

2型糖尿病は、生活習慣が大きく影響を及ぼします。過食や運動不足、飲酒など不摂生をくり返すと発症するリスクは高まります。

 

こういった危険因子は、様々な危険因子と結びつき、合併して発症してしまうリスクも高まりますので、普段から予防がとても大切です。

 

アルジュナTOPへ